ポプリ音楽教室 ブログ

日々のレッスンの様子や実際に教室に通っている生徒さんの様子などご紹介しています。

 

せひ、ご覧ください。

 

福知山市のポプリ音楽教室

反省会 (火, 14 8月 2018)
ご覧頂き、ありがとうございますキラキラ ポプリ音楽教室 尾松司織です音符 音楽会が終了して、2週間が過ぎ、教室のお掃除も完了。 同時に片付けも終了し、ゆったりした時間を過ごしています。 使ったものを綺麗にしまって。 ダンボールだけど。 この瞬間が好きです。 あー、今年も終わったなぁって。 これを出した時の焦る気持ちを思い出しながら、一人反省会をするのが、とても、とても。 思えば、年明けから選曲を始め、4月から本格的に準備開始。 半年以上も、ただ1日のためにやってきたんだなぁ…と。 片付けをしながら、たくさんのことを思い返していました。 発表会を通じて、自分らしく、私らしく、どんな教室を作っていきたいだろう。ってずっと悩み続けた時間が今まで長くありました。 誰かの真似をしても、結局は上手くできなくて。 どうしてこんなことが出来ないんだろう、と自分を責めて、嫌いになることもあったし、自信を持てないことに苦しんだこともあったけど、今は良い意味でのんびりすることを許してあげられているかな、と思います。 広く周りを見ることも、近くを想うことも。 ずっと、遠くを見つめていたけど、大切なものや大切な人はすぐ近くにあって、それこそが遠く向こうの方に続いていくのかも、と近頃は思っています。 音楽会でお世話になった、保護者の方々やスタッフとして入って下さった生徒の皆様に御礼の葉書を書きました。 涼しい〜〜 かわいい切手! お気に入りの万年筆とともに! 暑い、熱い夏。 ほんの少しでも涼を感じてくれたら。 教室のために、生徒みんなのために尽力してくださった人たち。 一番身近で、一番大切な人たち。 ありがとうしかありません。 さて、今日もゆるゆると。
>> 続きを読む

ベストを尽くした (月, 13 8月 2018)
ご覧頂き、ありがとうございます流れ星 ポプリ音楽教室 尾松司織です赤薔薇 行って参りました、母校へ。 夏休み真っ只中、生徒のみんなが休みに休みきっているであろう中、デュオに出場する2人は音楽会後の一週間、ここにかけてきました。 コンペの本選。 向かったのは馴染み深い、ミレニアムホール、略してミレホ。 あ〜懐かしい。 ここで、演奏法の授業をやったり、放課後に演奏会を見に来たり。 変わらないなぁ。 この日は、小さな子どもたちから、保護者の方々、ピアノの先生まで。 たくさんの人で溢れていて、あの時のあのホールとは、なんだか別物みたい。 行きの車中では、ずっとお喋り、歌う!踊る!食べる!のハイテンションだったのに、駐車場から会場へ向かうと、2人の口数はほぼゼロ。 分かりやすく緊張し始め、ホールに入り、ドレスに着替えた頃には真顔。 そりゃ、緊張するよね。 前の日も、その前の日も、発表会後はすぐこちらにシフトして、ラストスパートをかけてきました。 2人は音楽会でもお役目が多かったので、予選後の時間は、本選はそっちのけで準備をしてきて。 連弾の詰めが出来たのは、本当に一週間前。 今回はデュオで初めての本選。 経験が積めれば。と思い、参加を決めました。 舞台袖でも緊張の表情でしたが、いざ舞台に出たら、堂々と。 袖の小さな窓から見る、2人の揃った背中にたくさん祈ったものです。 演奏後、やれやれと満足と。 後ろ姿が踊っていたので、後悔がなさそうで一安心。 結果を待つばかりでした。 さてさて、結果は。 全国大会は残念ながらでしたが、奨励賞を頂きました。 嬉しそうな表情。 結果発表で、名前を見つけた時は、3人して興奮! 思い出してもニヤニヤしちゃう。 満足しきって、早々に着替えてしまい、ラフなスタイル。 外は夕方。 眩しい夕日が1日の頑張りを褒めてくれているよう。 って、おいおい。 仲良くスマホでゲーム… 分かりやすく、気が抜けていました。 帰り道は、ノリノリでポーズも決めてくれる。 連弾もしておこうか。 喧嘩が絶えない練習でしたが、誰よりもお互いをよく知る2人。 何だかんだで、助け合い、励まし合い。 2人の音色が私は大好きなので、これからもずっとベストパートナーでいて欲しいって思います。 熱くて、楽しい夏をありがとう! 思い出の夏の1日。 来年はどうなることやら。 成長がただただ楽しみです。
>> 続きを読む

第4回 ポプリ音楽教室 音楽会終了!④ (日, 12 8月 2018)
ご覧頂き、ありがとうございますイルカ ポプリ音楽教室 尾松司織ですひまわり 遅ればせながら、先月の音楽会について、振り返っています。 宜しければ、コチラからどうぞ! ロビーに置いていた、メッセージカードを入れる、ポスト。 音楽会が終わった翌日、朝から開けてみました。 これを開けるのが、音楽会後の密かな私の楽しみ。 おー入ってる!   すごい量! 先生へ。もたくさん入っていて、泣かすなぁ。   このメッセージカードを送り合うことが、私はとてもとても素敵で、尊いものだと思っています。 生徒さん同士だけでなく、お母様から、お父様から、兄弟から。 色んなパターンで、それはそれはたくさんの量が。 中には、絵が書いてあったり、お母様が代筆されてたり、色々ですが、どれもこれも温かいメッセージで溢れていて。 どんなことが書いてあっても、それが一言だって、なんて読むのか分からなくたって、誰かが誰かを思って、言葉を紡ぐって、とびきりキュンとしませんか。 鉛筆を持つ頭や心がその人でいっぱいになる瞬間。 愛しかない! ピアノって、孤独な面が多いです。 練習も一人きり。 辛さを抱え込んだり、誰かに頼れなかったり。 そんな時、あの子もきっと頑張ってる、って思うと、心のどこかがポカポカするんですよね。 だからこそ。 こんなちょっとした機会から、 共に励まし合い、助け合い、ピアノを楽しんでくれたら、と心から願います。     大量のスイーツもお片づけ。   すごい、クオリティ。 ほんと、かわいい。 みんなの個性が発揮されて、 楽しく取り組んでくれたなら、何よりです。 一度きりで撤収するのは、やはり余りにももったいなくて。 その後、一人で改めて堪能しました。 音楽会を盛り上げてくれた、一人一人にありがとう!
>> 続きを読む

第4回 ポプリ音楽教室 音楽会終了!③ (土, 11 8月 2018)
ご覧頂き、ありがとうございますウインク ポプリ音楽教室 尾松司織ですルンルン 遅ればせながら、先月の音楽会について、レポートしています。 宜しければ、コチラからどうぞ! 音楽会後の打ち上げ。 カンパーイ! 開放感とは、このこと! この打ち上げを楽しみに準備してきたと言っても過言ではないほど! 辛かったことも、苦労したことも、すべて楽しかったに変わる魔法の時間です。 みんなから、来年はどうするー?と、 早速来年の話…… 今日は休ませて!と言いつつ、みんなの笑顔が嬉しすぎて、早速来年の構想を練り始めるのでしたピンクハート
>> 続きを読む

第4回 ポプリ音楽教室 音楽会終了!② (火, 07 8月 2018)
ご覧頂き、ありがとうございますキラキラ   ポプリ音楽教室 尾松司織ですイルカ       先日、終了した音楽について、レポートしております! ぜひ、コチラからご覧ください。     さぁ、いよいよ開演。     最高にキュートな2人のスタイルは、もちろんウエイトレス。     コックさんとツインでの場面もありましたが、それは会場で見てくださった方だけに。   司会の原稿を持つ手にも自信が見えます。   うーん、似合う!           完全なるリラックススタイル。 社長!と言いたい気分。     舞台袖はいつだって、子どもたちの素直な表情で溢れています。       ボーダー男子は、初連弾。 2人だけが出来ること、2人だから出来ること。   絆が音になったらいいな。 どれも思い出にしてね!     こうして見ると、舞台袖はドキドキだけが成せる、独特の雰囲気。   華やかなステージの裏でどれだけの苦労をしているか、みんなに知ってほしいです!と仰る保護者の方。 うんうん。ほんと。     この舞台袖の雰囲気は、どんな小さな子ども達だって、肌で感じる緊張感。 ここにいる人だけが知っていて、ここにいる人しか知れない。   一歩踏み出せば、そこは逃げられないステージの上で。   舞台袖で、「あ~~~~~~緊張する!」 「もういや!!!帰りたい!」って弱音は心にしまって、いざ出陣なのです。     さっきまでの、あれやこれやなんて、どこいった?って感じで。 その心の強さ。     演奏を終えて、もう一度舞台袖に戻る時の顔は私だけに向けられた特別なものだから、 長くレッスンを共にしてきたご褒美だって思っています。   ベストを尽くして、今日までやってきたよね。       甘くトロけるソフトクリームは、2人になると特別なフレーバーに。     連弾の新たなハーモニーに出会えた夏! 彼女たちの熱い夏は、コンペへと続きます!         そうして、終演。 ここでも、みんなで助け合ってくれました。     いつの間にか大きくなって、私はぼんやり見てるだけ。 ぼやぼやしているうちに、見逃してしまいそう。       可愛くて、可愛くて。   かけがえのない、一瞬の宝物を今年も頂きました。       最後のエンディング、フラワーセレモニーの時はいつも泣きそうになっちゃうので、 今年は鉄壁の壁を作って受けて立つつもりでした。   それなのに、あっけなく崩壊。   泣かせてくる・・     Mちゃんが「先生が最後に泣いていたのを見て、かわいそうに思ったから、今度の発表会では ♪星に願いを を弾いて、笑顔にしてあげる」っておばあちゃんにお話ししてたと、Mちゃんのお母様が。   嬉しいよ・・もう(涙)     今年は、西日本豪雨の影響でリハーサルが出来ず、不安だらけでしたが、気持ちを立て直して 本番にと頑張って挑んだつもりが、台風12号!   とことん、ツイてないわと思ったけれど、その分みんなの頑張りや、保護者の方々の支えが嬉しくて、優しかった発表会でした。   終わった後も、たくさんたくさん、嬉しいメッセージを頂いて。       大変だった分、心に残る発表会。 忘れません。      さぁ、打ち上げ!                              
>> 続きを読む

第4回 ポプリ音楽教室 音楽会終了!① (火, 07 8月 2018)
ご覧頂き、ありがとうございますルンルン     ポプリ音楽教室 尾松司織ですニコニコ       今年も無事に 第4回ポプリ音楽教室 音楽会が終了しました。     今年のテーマは、スイーツ プログラムも可愛く仕上がりました。               今年は、リハーサルが豪雨で開催出来ず、本番こそ全力で、と思ったら、本番には台風12号が……     どんだけ天候に恵まれないのか。     やきもきし尽くした準備期間でしたが、どうにか無事に終了することができました。     笑顔と涙と大汗と。 今後のためにまとめておきます。             今年もたくさんの生徒さんと、保護者の方々にスタッフとなって頂き、みんなで作り上げた発表会となりました。           開演前。   司会を担当する子供たちは、お母様方に見守られて最後の練習。           ごった返す、通路。     毎回、ここではてんてこ舞い。 今から最終リハーサル。     今年は年齢の大きい生徒さんが中心にリードしてくれて、オープニングもスムーズでした。 年々、成長と共にたくさん気遣いをしてくれます。 ありがとう。         舞台袖から見たリハーサル風景。   あと少ししたら、本番。 最後のチェック。       打ち合わせしてくださって。 ひっそりと、でもしっかりと。   保護者の方々なしでは語れない、音楽会となりました。       開演前はこんな感じ。     さぁ、いよいよ開演。 つづきます。  
>> 続きを読む

残り1日 (金, 27 7月 2018)
ご覧頂き、ありがとうございますニコニコ ポプリ音楽教室 尾松司織ですキラキラ いよいよ、発表会まで残すは1日。 リハーサルが大雨で中止になったけど、気持ちを立て直して本番に臨もうと頑張っているのに、今度は台風12号。 なぜチーン 台風大丈夫ですかね? と聞かれる保護者の方々。 私も聞きたいです……笑い泣き!! どうにか、無事に開催出来たら。 本当に心配が絶えません。 リハーサルが出来なくて、弾き合い会をしたり、司会者の子どもたちと練習会をしたり、ホールで臨時の調整をしたり。 リハーサルがなくなったことで、イレギュラーなことがたくさんになって、何度もどうしよう、どうしようと一人格闘する日々が続きました。 でも子ども達は変わらないんだよな〜 焦りとか、心配とか、ナシ! ちょっとは焦ったりとか…ないみたいです。 司会者の子どもたちみんなで、練習会へ向かう道中。 冠水した道路。 まだまだ土の残る道路も気にしない。 汗をびっしょりかいて、 あーー暑いーーーー。と言いながら、その日に向けて良いものを作ることだけに、全員が頑張っています。 年々、上手になって、 上手になった分、頼もしくなってゆく。 ピンと伸びた背筋がたまらなく私を励ましてくれるので、やっぱりギリギリまで頑張りたい。 禍福は糾える縄の如し 今回、何度も私を励ましてくれた言葉でした。 台風になんて、負けないぞ。 残り一日、大切に向き合いますピンクハート
>> 続きを読む

あと15日 (金, 13 7月 2018)
この度は西日本の豪雨災害による被害、お見舞いとお悔やみを申し上げます。 ちょうど先週の8日日曜日、教室ではもうすぐ迫る発表会のためのリハーサルを予定していました。 でも、会場は避難所に。 道も通行止め。 みんなが心配と不安な気持ちを抱え、浸水被害を受けた生徒さんもいる中で、強行すべきではないなと判断しました。 とは言え、リハーサルの開催は絶対だったので、自分自身が避難所にいながらも、なかなか中止を決断出来ませんでした。 やりたくてもやるべきではない、といった状況だったと思います。 そうなると、参加者全員への連絡対応と、今後の予定の組み直し、本番までのスケジューリングと。 豪雨とともに、すっかり空になってしまった頭に不安がなだれ込んできて、パニック! しばらくは発表会のことを考えるだけでお腹がキリキリ。 これでは、ダメだと、気持ちをもう一度立て直して、頑張っています。 おかげさまで生徒さんや保護者の方も手伝えることは、なんでも。と声を掛け、目を掛けてくださり。 こんな状況にでもならなければ気が付かないであろう、優しさや温かさに触れたような気がします。 中止を決めた際にも、全ての保護者の方がお気遣いのご連絡をくださり、嬉しさと歯痒さの涙で溢れました。 私一人で出来ることではないけれど、誰かとやれば、もっと世界や気持ちが広がるんだなって、今さらながらに思う日々。 残りの時間は少ないですが、出来るだけ本番までの不安と見つめ合って、無事に当日を迎えられることだけを祈りたいと思います。 お疲れでしょうから、タウリンを補給してください。 と、頂いたリッチミン。 この時期の強い味方。 最高のプレゼント。
>> 続きを読む

いよいよ、7月。 (日, 01 7月 2018)
ご覧頂き、ありがとうございますニコニコ ポプリ音楽教室 尾松司織ですキラキラ 先日のコンペが終わってから、一週間お休みを頂き、発表会準備に明け暮れました。 そして、脱け殻になりました。 たくさん時間を取れるのは最後と、朝から晩まで、発表会!発表会!!  発表会…… と言った感じに。 徐々に意識が遠のく自分。 増える、ミス。 減る、時間。 そして、時々頂く、励ましのオアシス! 今回もまた沢山の方々にあったかい応援を頂きました。 週末はリハーサル。 今年はホールの関係でリハーサルが早く、焦る!焦る!焦る! 時間は平等です。 みんなの練習や、いかに。 大変でも、やっぱりレッスンがある日々は違うなって。 今は脱け殻でも、今日からみんなに元気をチャージしてもらえると確信しています。 そして、明日は体験レッスン。 わくわく。 それでいて、今日から下半期のスタート。 教室のレイアウトも変えなきゃ!
>> 続きを読む

ピティナコンペティション 2018 (月, 25 6月 2018)
ご覧頂き、ありがとうございますルンルン ポプリ音楽教室 尾松司織ですニコニコ 昨日、舞鶴でのピティナピアノコンペティションが終了しました。 先週の三田での地区予選と合わせて、うちの教室からも数名チャレンジしましたが、みんなそれぞれ努力を尽くして頑張りました。 まだ続く子もいれば、とりあえずは終わった子、惜しかった子。 昨年に引き続き参加、初参加、とそれぞれ色んな環境の中で本番に向けて努力をしました。 3月に課題曲が出され、それからおよそ3ヶ月もの間、細かく深く曲と向き合い練習を重ねた日々。 誰よりも近くでその苦労とそのサポートをされたのは、他でもない保護者の方々でした。 それが残念な結果だとしても、次に続くものだとしても、結果がどうであれ、たった一瞬で決まってしまう、決められてしまう、それがコンクールの面白さであり、楽しさであり、苦悩なんだと思います。 今回参加された保護者の方からは、皆さん、貴重な経験となった、とご連絡を頂き、私もホッと1日を振り返っていました。 本当にありがとうございました。 いつも思いが残るのは、みんなと舞台袖にいる時。 隣の子はすごく緊張していて。 かと思うと、側から聴こえる同じ曲。 あぁ、上手…焦るような表情でこちらを見る子。 じっと集中して、手を握る子。 必死に膝の上で指を動かす子。 楽譜をじっと眺める子。 前の子の演奏が終わった時、いよいよ自分!という言いようのないプレッシャー。 どれも、あの華やかなステージの上では見えないものが、舞台袖には詰まっています。 逃げ出したい気持ちと頑張りたい気持ちと。 いつも思い出すのです。 あの場に立ったことのある人でないと分からない、苦しみや楽しさが。 努力が報われず、また努力が足りず、努力が間に合わず。 その子その子、様々な想いの中で本番を迎えたことと思います。 ご家庭でいっぱいバトルもしたでしょう。 泣いたり笑ったり。 でも、振り返ってすべてが無駄じゃなかったって思える、努力の時間が大きな価値です。 「次は発表会ですね!」 切り替えの早さと前向きさは、やはりうちの教室の皆様… 私が一番の泣き虫でした。 今朝は昨日のみんなを思って、涙が出てばかり。 悔しい!悔しい!! でも負けないぞって! 後悔よりも、まだやれることがあるはず。 来月は発表会。 再来月は本選。 まだ気持ちも熱く。 これから来る暑い夏を楽しみたいと思います。
>> 続きを読む